管理能力が必要となるエンジニア

 エンジニアの仕事というのは単純に作業をするだけではなく、大掛かりなプロジェクトが発動してチームが組まれると、リーダー役として抜擢されることが多くなります。理由としては、もともとエンジニアというのはITの分野で総合的に活動をしているため、皆をまとめる役目として相応しく抜擢されやすいのです。そういったこともあって、他のプログラマやwebデザイナーなどのIT技術職とはやや立場が異なり、IT技術だけではなくコミュニケーション能力も求められます。

 求められる人材像としては、IT技術や知識が豊富で有能であること、さらにチームを組んだ際にリーダーとしての役割が果たせるといったところでしょう。そして大切なのはプロジェクトメンバーで業務に取り組む場合、必要な管理ツールなどを使いこなせることです。チームに集められるのはプロフェッショナルが多くため、業務の進捗状態について不安になることはそれほど多くありません。

 しかしリーダーになると、メンバーそれぞれの業務状態の足並みを揃えたり、トラブルを解決したりといった業務が多くなります。そういった意味でIT技術だけが優秀では企業側の求める人材とはならず、コミュニケーション能力などその他の部分も重要になってくるのです。さまざまなスキルが合わさることでキャリアアップが可能となり、企業内で管理職として求められるようになります。本気でエンジニアを目指す場合、IT技術だけではなくその他を伸ばす必要もあるでしょう。